Holding%20Plant_edited.jpg

​未来は、新たな知で拓く

看護未来塾 2016~

新着情報

2022.9.8 【第16回勉強会お知らせ

日 程:9月10日(土)13:00〜16:30

テーマ:コロナを機に考える臨地実習の本質と変革

趣 旨世界の高齢化が進み、COVID-19の打撃も受け、私たちはさまざまな困難を経験している時代の今、もう一度ケアって何だろうということについて皆さんと一緒に語り合いたいと思います。
そこで今回は、特別養護老人ホームの日常の中で受け継がれてきたケアや再発見されたケアの核をめぐる話を聞いていただき、“私たちが生きていくうえでケアとは何か”、について場や立場を超えた、広範な議論を行いたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

話題提供者
1.「ケアの再発見ショートタームケアとロングタームケアを経験して」内山孝子(東京医療保健大学東が丘看護学部)
2.「『極力手を出さない』という高度な看護実践」川崎千鶴子(特別養護老人ホームみずべの苑施設長)
3. 「ケアの新しい社会的価値を拓く手がかりを求めて」中島紀恵子(北海道医療大学名誉教授)

参加費塾員無料、一般3000円、学生無料(大学院生以外)

ポスター(左記をクリックすると移動します)を是非ご覧ください。

2022.6.21【入塾手続きのご案内】

随時入塾を受け付けております。

「入塾手続・年会費振込」(左記をクリックすると移動します)をご覧ください。​お手続きの際、事務局からメールでご案内いたします。事務局office@kangomirai.comからメールを受信できるようにご設定をお願いします

2022.4.1  【第15回勉強会のアンケート結果をお知らせします】

テーマ:コロナを機に考える臨地実習の本質と変革

第15回勉強会にご参加くださり誠にありがとうございました。73名の方がご参加くださいました。お寄せ頂いたアンケート結果を掲載します。こちら(左記をクリックすると移動します)をご覧ください。

2022.3.9【ロシアによるウクライナへの武力侵攻に対する抗議声明】

 人々のいのちと暮らしに寄り添う看護専門職として私たちは、ロシアによるウクライナへの武力侵攻に強く抗議し 、ロシア軍は 即刻ウクライナから撤退する ことを求めます。
2月24日以来 、ウクライナ各地では一般市民、病院や学校にまで無差別の攻撃がなされ、人々の尊い命と生活が脅かされています。このため200万人を超える女性、子ども、高齢者が隣国等に逃れ、不安と恐怖に怯えた日々を送っています。こうしたウクライナの惨状に、私たちは強く心を痛めています。この深刻な人道危機をこれ以上拡大させてはなりません。
また、ロシアは平和と核兵器廃絶を願う世界の人々の願いを無視して、核使用さえもほのめかしており、到底許せるものではありません。
 私たちは、戦火の下であっても自身の危険を顧みず、負傷者の救護に当たっているウクライナの看護師、助産師に心からの敬意と連帯の挨拶を送ります。
 ロシアの武力による侵略を止めさせることは容易ではありませんが、私たちは声を上げ続けることはできます。その声を大きくしていくことが大切です。
 ICNは声明(NURSEFORPEACE)と活動方針をだしています。看護未来塾はこの声明を出すことにより、 連帯の意志を示します。

 ICN https://www.gopetition.com/petitions/nursesforpeace.html(青字の下線部をクリックするとICNのサイトが表示されます。こちらのサイトから寄付やコメントをICNにお寄せいただけます。看護未来塾の声明文(和文)はこちらです。看護未来塾の声明文(英文)こちらです。

2022.3.8【世話人所感】

看護未来塾世話人所感をご紹介します。(青字の下線部をクリックすると表示されます)是非、ご覧ください。

2022.1.30【第14回勉強会のアンケート結果を掲載しました】

テーマ:WITHコロナPOSTコロナ社会における看護のあり方をともに考える

感染対策と手で触れるケアの両立

76名の皆さまがご参加くださいました.アンケートにご協力下さり誠にありがとうございました.勉強会のポスターアンケート結果はこちらです。(青字の下線部をクリックすると表示されます)是非、ご覧ください

2022.1.12【記事が掲載されました】

朝日新聞23面と朝日新聞デジタルに記事が掲載されました。

​2021年12月8日の世話人所感を通じて看護未来塾に取材の依頼がありました。その取材の記事が、本日、朝日新聞朝刊の23面とデジタル版に掲載されました。デジタル版は、こちら(青字の下線部をクリックすると表示されます)から無料会員登録後に全文の閲覧が可能です。

2021.4.2【記事のご紹介】

看護未来塾世話人 川嶋みどり氏が取材を受けられた朝日論座の記事をご紹介します。(青字の下線部をクリックすると表示されます)是非、ご覧ください。

2021.3.30【医療従事者の皆様に心から感謝します】

倉本聰】北海道医療従事者応援プロジェクト「結(ゆい)」をご紹介します.(青字の下線部をクリックすると表示されます)是非、ご覧ください。看護未来塾も全ての看護職の皆さまを応援しております.

2021.2.5【看護未来塾から看護教育への提言並びに要望書を提出しました】

看護未来塾 COVID-19感染拡大下における看護学教育の創意工夫から学んだこれからの看護学教育への提言並びに要望(左記青字をクリックすると表示されます)をご覧ください。ご意見は mail :office@kangomirai.com へお寄せ下さい。

2021.1.13【記事のご紹介】

看護未来塾世話人 川嶋みどり氏が取材を受けられた毎日新聞の記事をご紹介します。(青字の下線部をクリックすると表示されます)是非、ご覧ください。

2021.1.7【看護系大学教員が厚労省の要請を受けたことについて】

看護系大学の教員が厚労省の要請を受けたことについて、テレビ朝日の報道ステーション看護未来塾世話人の内山孝子氏が放映されました25年の看護師経験とそれによる使命感や、教育者活動への責任感、ナースバンク登録による派遣への課題をご発信されています青字部分をクリックすると、それぞれ、テレビ朝日の報道ステーションの公式ホームページに掲載された情報と、公式ツイッターの動画が表示されます是非、ご覧ください。

2020.12.8【記事のご紹介】

看護未来塾世話人 川嶋みどり氏の記事をご紹介します。(青字の下線部をクリックすると表示されます)是非、ご覧ください。

2020.12.5  【エンジェルプロジェクト2021のご紹介】

エンジェルプロジェクト2021をご紹介します。エンジェルプロジェクト2021(左記をクリックすると移動します)を是非ご覧ください。

2020.11.19【看護未来塾の提言をマスメディアが取り上げてくださいました】

看護実践の科学東京新聞、が看護未来塾の提言を取り上げてくださいました。青字の下線部をクリックすると表示されます。是非ご覧ください。

2020.11.14【第10回勉強会で共有いただいたマニュアル】

コロナ感染を予防しつつ行う口腔ケアの方法のマニュアルをご紹介いただきましたので共有させていただきます。

誤嚥を防ぐ食事ケアの技術継承

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関係者向け特設ページ

(それぞれをクリックするとページに移ります)

2020.10.14 【聞いて下さい!マスメディアのみなさま】

聞いて下さい!マスメディアのみなさま COVID-19による集中治療室の看護体制と看護師の労働条件緩和とPCR検査実施の外来看護師の労働条件緩和に関する切実な声を(下線部をクリックすると表示されます)

 

看護未来塾は第9回勉強会(9月12日)『コロナ重症患者受け入れ病院の最前線で奮闘した看護師のリアルな体験』から得られた知見から、何とかしなければの思いを強くしました。

マスメディアの方がこの内容を取り上げてくださることを希望しています。

看護未来塾を応援してくださっている皆様も、どうぞ、多くの方に広めてください。

お問い合わせはmail :office@kangomirai.com にお願いします。

2020.10.9 【看護未来塾声明】

人の生命・暮らしと尊厳および自由を尊重し、世界の平和を希求することを共通の信条とする看護未来塾の世話人会は、この度政府が理由も明らかにせずに、日本学術会議の提案した新会員105名のうち、6名を任命しなかったことについて下記の点から強い危機感をもって抗議するものである。

1.日本学術会議の自律性を重んじてきた従来の政府の方針は、学問の自由を保証するものであるが、今回の任命拒否はそれを覆すものである。

2.学術会議が推薦した会員候補を理由の説明なく任命しないことは、研究者の言論の自由を侵すことに繋がるものである。

3.今回の首相による任命拒否は、自由な討論による健全な社会の建設を損なう専制にあたり、到底容認できない。

2020.9.12【COVID-19要望書の一覧】

これまで看護未来塾が提案した提言書と4つの要望書を一覧にして掲載しました。COVID-19 緊急要望書一覧(左記をクリックすると移動します)をご覧ください。ご意見は mail :office@kangomirai.com へお寄せ下さい。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

所在地:東京都